各国から日本へ輸入される木材の輸送距離

HOMEお知らせ各国から日本へ輸入される木材の輸送距離

遠隔化する日本の木材調達

 日本では、近年木材の需要量が減少傾向にある一方で、国内外共に木材輸送距離は増大しています。輸入材では遠隔地である欧州からの木材がシェアを伸ばし、国内では製材工場の集約大規模化が進んでいます。
 日本が輸入する木材は、世界中のはるか彼方の国々からやってきます。日本の輸入材は、森林・林業白書(2007年版)では、2005年度の輸入材(用材)の18.8%が米材と呼ばれるアメリカ・カナダからの木材、12.2%が南洋材と呼ばれるマレーシアやインドネシアなどからの木材、10.2%がオーストラリア、8.6%が北洋材と呼ばれるロシアからの木材、6.9%が欧州材と呼ばれるフィンランドなどヨーロッパからの木材で、その他は、ニュージーランド、チリ、中国などからの木材です。
 
ウッドマイルズ8.jpg

欧州材のウッドマイルズ

 欧州材の代表的な木材輸送過程を見てみると、北欧からの輸入材のうち日本向け出荷量が最も多い製材工場が、フィンランドとロシアの国境のキツテ(Kitte)にあります。およそ100㎞程度の範囲で収穫された丸太がキツテで製材品に加工され、そこから鉄道で約350㎞かけてバルト海沿岸のコトカ港(Kotka)へ運ばれ、さらにハンブルグ経由の約2万2千㎞の航海を経て、ようやく東京港に到着します。  ウッドマイルズ9.jpg

各国から日本へ輸入される木材の輸送距離 

 北欧だけではなく、北米や南洋など、輸入材は世界中のあらゆるところから、膨大な輸送距離を経て日本にやってきています。現在では、食品の産地がどこなのか?を確認する方が増えておりますが、この家の木はどこから来たのか?を気にされる方はまだ少ない様です。ずっと一緒に過ごす家について、もっと私達は知る必要があるのかもしれません。  ウッドマイルズ10.jpg

PAGE TOP

埼玉県全域(東京都一部を含む)を中心に
木造在来工法による外断熱、全館空調、
自然素材(健康住宅)の注文住宅で新築・
建て替えなどの家づくりをお手伝いいたします。

APPLE HOME 株式会社アップルホーム
営業日時 :平日・土曜日・日曜日9時~18時(定休:水曜日)
住   所 :〒350-1307 埼玉県狭山市祇園1-17
電話番号 :04-2950-7330
お問い合わせ・資料請求
営業エリア
埼玉県:全域
東京都:東村山市、東大和市、武蔵村山市、
清瀬市、小平市、東久留米市、西東京市、
青梅市、羽村市、瑞穂町、その他
アップルホームは埼玉県西部を拠点とする
狭山不動産グループです
耐震住宅アップルテクノホーム
狭山不動産ポータルサイト
グループホーム見晴らしの家
APPLE HOME 株式会社アップルホーム
営業日時:平日・土曜日・日曜日9時~18時(定休:水曜日)
住  所:〒350-1307 埼玉県狭山市祇園1-17
電話番号:04-2950-7330
お問い合わせ・資料請求

Copyright © 2015 APPLE HOME All Rights Reserved.