暮らしやすさ

HOME健康住宅へのこだわり暮らしやすさ

一般的な家とアップルホームの家の違い

建物をコンパクトにしながらスペースを活かして広々と使えるアップルホームの家は、将来に渡ってメリットいっぱいのおトクなお家です。

一般的な家とアップルホームの家の違い

敷地のメリット

敷地は小さいけれど、駐車場や庭のことや日当たりを考えると、土地の有効的な利用方を考える方も多いでしょう。 建物をコンパクトに設計できたとすれば、それらの問題を解決し、コストダウンも図れるはず。 例えば、1階20坪+2階20坪=40坪の家がほしいとします。 それがアップルホームの家ならば、1階17坪+2階17坪+ロフト5坪+半地下4坪=43坪が可能になります。 敷地や床面積が小さくなることは、長期間払い続ける固定資産税も変わってきます。

床下空間

床下空間

ベーパーバリアと24時間冷暖房付全熱交換空調システムを使用することで、一般的には梅雨時ジメジメしてしまうような床下空間も湿度が50%前後に保てるようになり、半地下として他の部屋と同じようにお使いになれます。 1Fのリビングの物は、床下に収納することができ、お客様の来る所は、スッキリと片づけることができます。「いつもきれいね」と言われるワケはここにあります。 建築基準法上の床下扱いは、高さが1.4m以内です。

小屋裏空間

小屋裏空間

屋根裏空間も光を取り入れて、収納スペース以外にもパソコンルームや書斎として有効活用ができます。 ロフトのような空間は、一般的な家では、夏は暑くていられない場所ですが、外断熱、ベーパーバリアと換気システムにより普通の部屋と同様に使うことができます。 建築基準法上の小屋裏扱いは、高さが1.4m以内です。

吹き抜け空間

吹き抜け空間

部屋中の温度差がなく、新鮮な空気が常に流れている健康住宅だからこそ、立体的な開放感のある設計が可能です。 だからこそ、吹き抜けを設計したり、斜め天井を設けて、平面だけでなく立体的に広がりのある空間を造ることが可能となります。 一般的な家で同じことをすると、冬は1階がとても寒く、さらに光熱費も非常に高くなってしまいます。 家族が家のどこにいてもお互いを感じることができるそんな家です。

PAGE TOP

埼玉県全域(東京都一部を含む)を中心に
木造在来工法による外断熱、全館空調、
自然素材(健康住宅)の注文住宅で新築・
建て替えなどの家づくりをお手伝いいたします。

APPLE HOME 株式会社アップルホーム
営業日時 :平日・土曜日・日曜日9時~18時(定休:水曜日)
住   所 :〒350-1307 埼玉県狭山市祇園1-17
電話番号 :04-2950-7330
お問い合わせ・資料請求
営業エリア
埼玉県:全域
東京都:東村山市、東大和市、武蔵村山市、
清瀬市、小平市、東久留米市、西東京市、
青梅市、羽村市、瑞穂町、その他
アップルホームは埼玉県西部を拠点とする
狭山不動産グループです
耐震住宅アップルテクノホーム
狭山不動産ポータルサイト
グループホーム見晴らしの家
APPLE HOME 株式会社アップルホーム
営業日時:平日・土曜日・日曜日9時~18時(定休:水曜日)
住  所:〒350-1307 埼玉県狭山市祇園1-17
電話番号:04-2950-7330
お問い合わせ・資料請求

Copyright © 2015 APPLE HOME All Rights Reserved.