スタッフブログ

HOMEスタッフブログ"正しい"歩き方も健康への第一歩!
2018年01月08日(月) 福井
"正しい"歩き方も健康への第一歩!

どうも~(=゚ω゚)ノ 営業の福井です(*^_^*)

あらためまして、明けましておめでとうございます。

2018年いっぱ一発目のブログという事で新年の抱負という定番なものではなく

今年、"意識"する事についてにします。

それは、”歩き方”です。

私は、歩くことが嫌いではありません。1~2時間程度なら結構歩いてしまいます。

仕事では、ほぼ車移動が多く、その街の情景や雰囲気を感じる事が少ないです。

歩きながら、町並みを見たり気になる景観は写真を撮ったりなどする事があります。

まぁ運動不足になる前の抑止として、調べてみました。

■正しいある歩き方なら1日〇〇〇歩からが効果的

歩いたり、走ったり、すべての運動の基礎である考える人は多いですが

闇雲に歩いたり、走ったりすれば良いという訳ではありません。

正しい姿勢(フォーム)で行動する事で、腰や膝への負担を抑えることにも繋がり

意識する事で、使わない筋肉に刺激があるとも聞きます。

先日、書店でか『正しく歩けば不調が消える!1日300歩・・・・』というタイトルの本を見かけました。

徐に試し読みしましたが、正しい歩き方について記載されておりました。

■正しい歩き方のポイント

1.ひざを伸ばしてからかかとで着地

2.後ろ足のかかとを上げる

3.後ろ脚のつけね付け根を伸ばす

4.足先を進行方向に向ける

5.ふくらはぎを意識して使う

以上のような歩き方をすれば、年齢を重ねた方でも腰や膝が痛くなるという事は減るそうです。

また、歩き方を(正しい姿勢に)変えれば(身体の)不調が解消されるかも、とも紹介されていました。

歩く姿勢の中でいし意識するポイントは、"足首"という事です。

足首がゆがむと、体全体を支える部分がゆがむ事に直結し、身体全体の不調になると記載がありました。

歩く"姿勢"と"足首"を意識する事で大半の不調が改善され始めるという結論になると読み取れました。

上記の5つのポイントとだけではなく、歩き出しの意識を足の付け根(骨盤)を意識しスタンスを

広めにとる事で更に良いのではないかと個人的には感じます。

 

cap1_img02.png

サッカー日本代表の長友選手も帰国の際に、日本人の姿勢と表情について話してましたが

「自分の職業柄、フィジカル、メンタルに繋げてしまうけど、これでは身体能力高い人なかなか出てこないな。後側の筋肉使えないし、首が短くなる。欧州から久しぶりに帰って来ると、姿勢の違いにびっくりする」

と、まずは自身の歩き方の姿勢を見直して各々の"違い"を出していきましょう。

PAGE TOP

埼玉県全域(東京都一部を含む)を中心に
木造在来工法による外断熱、全館空調、
自然素材(健康住宅)の注文住宅で新築・
建て替えなどの家づくりをお手伝いいたします。

APPLE HOME 株式会社アップルホーム
営業日時 :平日・土曜日・日曜日9時~18時(定休:水曜日)
住   所 :〒350-1307 埼玉県狭山市祇園1-17
電話番号 :04-2950-7330
お問い合わせ・資料請求
営業エリア
埼玉県:全域
東京都:東村山市、東大和市、武蔵村山市、
清瀬市、小平市、東久留米市、西東京市、
青梅市、羽村市、瑞穂町、その他
アップルホームは埼玉県西部を拠点とする
狭山不動産グループです
耐震住宅アップルテクノホーム
狭山不動産ポータルサイト
グループホーム見晴らしの家
APPLE HOME 株式会社アップルホーム
営業日時:平日・土曜日・日曜日9時~18時(定休:水曜日)
住  所:〒350-1307 埼玉県狭山市祇園1-17
電話番号:04-2950-7330
お問い合わせ・資料請求

Copyright © 2015 APPLE HOME All Rights Reserved.